スポンサー

    庄内映画村は、甲冑文化の保存・継承を応援しています。

    現在、正しい知識を持って修繕が出来る甲冑師は全国に十数名ほどしかおらず このままでは日本の甲冑文化が消えてしまう…

    致道博物館(鶴岡市)に所蔵されている、酒井家二代「家次公」の甲冑を修復するため、名古屋からおいで頂いた国宝・犬山城御抱具足師・熱田伸道氏のお話を伺い、2012年、城下町・鶴岡で、荘内大祭の武者行列や庄内での撮影等で着用する鎧甲の制作を通じ、旧荘内藩酒井家に伝わる甲冑の修理と復元に携わる甲冑師の人材の育成を目指そうと立ち上げられた「荘内藩甲冑研究会」。

    3ヵ年に渡る甲冑制作教室を経て、熱田甲冑師のお弟子さん達が続々と育ち、鶴岡公園・護国神社に毎週のように集まり甲冑作りに励んでいます。 また自宅に甲冑工房を持つという皆さんが、東北一円から集結して「奥羽甲冑制作同好会」も結成されました。

    庄内映画村資料館 閉館のお知らせ

    日本遺産「松ヶ岡開墾場」が、“サムライゆかりのシルク”の聖地として生まれ変わることに伴い、「庄内映画村資料館」は、令和元年12月1日(日)をもって閉館いたしました。「映画『蝉しぐれ』資料館」時代から数え14年、多くのお客様にご来館頂きましたこと、また地域の皆様より賜りました温かいご支援に、心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。